株式会社カンナ

ハイパースキン脱毛理論

ハイパースキン法とは?

まず最初に、ハイパースキン法は厳密にいいますと「脱毛法」ではありません。「え?じゃあどうやってムダ毛を処理するの?」と思われるかもしれませんが、これは従来の脱毛法と違って「ハイパースキン法」が「今生えている毛に対して一切何も行わない」という方式によりたどり着いた結論です。

では「ハイパースキン法」ではどのようにしてムダ毛にアプローチしていくのか?

『ハイパースキンカレン』は、毛穴から毛が抜けたあと、もしくは生える前である「発毛期(休止期)」状態の毛穴だけに効果を発揮します。つまり今生えている毛、放っておけば自然に抜けていく毛を脱毛機で抜いていくというものではなく、「抑毛」、「減毛」という視点からムダ毛にアプローチしていくという、原理自体がまったく新しい脱毛機なのです。

当社代表の鉄穴(カンナ)が5年間にわたり毛周期と発毛についてのメカニズムを研究した結果、男性ホルモンの刺激により、皮脂腺部の発毛因子が細胞分裂をはじめ、毛毋細胞を形成しケラチン蛋白質をつくり、その結果、毛を作り出していることがわかりました。

これまでの脱毛法ですと、そのほとんどが毛乳頭を高熱で破壊し毛の再生を鈍化させるというものですが、この方法では高温のエネルギーや針などを必要とするため、必ず「痛み」が伴い、出血、火傷、色素沈着など様々なトラブルにつながります。

そこで、なんとかトラブルのない、確実な脱毛ができないか?と試行錯誤する中で、ある単純なことに気づきました。それは毛周期と発毛のメカニズムを解析する過程において、毛を作り出すタイミングをとらえ「毛を作りにくくする」ことができないか?ということです。そしてそれが実現できれば必ず減毛できると確信しました。

その方法による減毛の効果を確信した瞬間から、光エネルギーが持つ波長やパルス幅などの実験を繰り返し、特殊な光線を特定し、完成したのがハイパースキン法です。この特殊な光線を照射することにより、皮脂腺部の発毛因子の細胞分裂が減退、毛毋細胞を形成後のケラチン蛋白質などにも効果的に作用し、結果的に毛が再生しにくい、高度な減毛システムが誕生したのです。

ハイパースキン法は、従来のように毛乳頭を破壊する方法ではありません。ですから出血、火傷、色素沈着の危険性は極めて少なく、顧客にも痛みの無い「夢の脱毛法」として大変好評を得ています。またこの特殊な光線はコラーゲンを活性化させ、トリートメント効果もあるため、剃刀や毛抜きなどの自己処理で荒れてしまった肌もきれいにします。

おかげさまで現在、口コミを中心として、エステサロンはもちろん美容室・ネイルサロンなどの美容関係施設や医療機関など、全国に広まり、1400台以上が使用されています。



毛のメカニズム

毛のメカニズム

イメージ図1のとおり、一つの毛穴で

   1.発毛期(一般的に休止期)
     ↓
   2.初期成長期
     ↓
   3.中期成長期
     ↓
   4.後期成長期
     ↓
   5.退行期
     ↓
   6~7.自然脱毛
     ↓
   1.発毛期(休止期)

というサイクルを数ヶ月~5年の間、繰り返します。ということは、「現在生えている毛」はそのまま放っておいても「毛のメカニズム」によっていずれ自然に抜け落ちていくことがわかります。



ほとんどの脱毛機は「いずれ抜け落ちる毛」に対しての対処だが…

世の中に出回っている、ほとんど(全てといっても過言ではありません)の光・レーザー脱毛機は、「放っておいても、いつかは抜ける状態の毛」に対して脱毛処理をしています。

しかし、「抜けることが決まった毛(またはその毛根)」に対して脱毛処理を行うのは、決して効率がいいとはいえませんし、アプローチ方法※も違法性が高い為、「ヤケドやヤケドによるシミ」といったトラブルが起こる、または起こる可能性が高いのは当然です。

※現在生えている毛に対して、「治療」という目的以外で毛に何らかの行為を行うことは違法行為になります。(レーザーおよび強力な熱を使用し、毛乳頭を破壊する行為・脱毛法は関連法律に違反しています)



従来の脱毛機による脱毛処理方法とは

従来の脱毛機による、脱毛処理方法とは、「毛乳頭及び皮脂腺開口部を破壊する」方法です。「毛乳頭」を破壊するには高温の熱が必要で、その温度はおよそ62~63度という説があります。そして、毛乳頭は肌深部にあるため、そこへ熱を到達させるには、70~80度近くの熱を一気に発さないと、毛乳頭は破壊できないともいわれています。(イメージ図2)

しかし多くの場合、毛乳頭に到達する手前で、毛が焼き切れてしまいます。 (そのために毛がポロポロと抜ける状態が、まるで脱毛の効果のようにみえてしまいますが…)

やっかいなのが、途中で焼き切れてしまった箇所が炎症を起こしているなどの場合です。(イメージ図3)

炎症などが起きると、その部位は人が持つ自然治癒力によって、炎症を治そうとする力が働きます。すると、焼き切れた毛を残したまま、炎症部分が傷を修復しようとするために残った毛が皮ふ内にとどまってしまい、通常なら自然に押し出されて抜けていくはずだった毛が「埋もれ毛」となる可能性もあるのです。



美容面でのマイナスだけではなく、そもそもその行為が法律違反!?

従来の脱毛理論に基づく脱毛機での処理は、「ヤケドやヤケドによる炎症やシミ」という危険と背中合わせなのです。

さらに、「埋もれ毛」になるのは美容面でマイナスであるのは当然のことですが、「現在生えている毛に、治療という目的以外で何らかの行為を行うこと」自体も違法行為という事実をご存知ですか?このことも、決して忘れてはいけません。



ハイパースキン法の"発毛予防理論"と方法

分かりやすく説明すると、毛のメカニズム(イメージ図1)において、毛が抜け落ちる際に、"毛が抜けた。新しい毛を生やさなきゃ"という信号が"バルジ"に送られ、そこから発毛因子(「毛の種」に例えます)が、皮脂腺から栄養分をもらって成長しながら"毛乳頭"へと降りていきます。"毛乳頭"へ到着した「毛の種」は、今度は血管から栄養を補い続け、どんどん成長していくという行程こそが毛のサイクルであり、1.発毛期(休止期)→2.初期成長期→3.中期成長期→4.後期成長期→5.退行期→6~7.自然脱毛期→1.発毛期(休止期)・・・と繰り返されるのです。

『ハイパースキンカレン』は、バルジから生まれる「毛の種」のみを狙い、「毛の種を消滅させる」という"発毛予防理論"に基づいて開発された、世界で唯一の脱毛機なのです。(イメージ図4)



「痛くない・安全・スピーディ」夢の脱毛機『ハイパースキンカレン』

発毛期(休止期)の毛穴の皮脂腺は、イメージ図1-①(発毛期・休止期)の通り、皮ふ表面から近い場所にあります。

また、「毛の種」(発毛因子)を消滅させるために照射いたしますが、「温かい」程度ですので、従来のような「ヤケドやヤケドによる炎症やシミ」といったトラブルの心配がありません。

従来の脱毛理論である「いずれ抜け落ちていく毛」に対してダメージを与えるよりも、「バルジから生まれる毛の種を消滅させて、毛を皮ふに発生させない」ようにするほうが理にかない、ムダ毛が生えてこない状態をつくることができる。すなわち、「ムダ毛予防」ができる。しかも「痛くない・安全・スピーディ」に。

これが、『ハイパースキンカレン』が「夢の脱毛機」と呼ばれているゆえんなのです。誰も考えなかった"発毛予防理論"に基づいて開発された脱毛機は 『ハイパースキンカレン』だけ!

ネガティブな話題が多い脱毛業界の中で、子供脱毛が朝日新聞に前向きな記事として取り上げられました!クレーム0、事故0のカレンだからできたことです。